採用情報

税理士の方へ
(大手監査法人系の税理士法人での勤務経験者など)

大手監査法人系の税理士法人との比較

・担当業務
大手監査法人系の税理士法人の組織は、法人の税務(金融、その他)、個人の税務、資産税などに分かれているため、個々人がたずさわることのできる業務が限定されています。また、会計に関わるアドバイスはできないことになっています。
一方、クリフィックスでは、大企業から公開準備のベンチャー企業まで担当できます。法人だけでなく企業のオーナーの事業承継も、M&Aやバリュエーションにもたずさわることができます。また、会計に関するアドバイスも行います。

・仕事の拡がり
大手税理士法人での新規の業務開拓は、他の大手監査法人の顧客の獲得や顧客が新たな事業等を展開する際の業務を獲得することが主だと思います。
一方、クリフィックスの場合、そのサービスの品質の高さに加え、税務と会計の双方のアドバイスを上場企業に提供するというビジネスモデルが、多くの企業のニーズに応えるものになっています。だから、新規のクライアントは既存クライアントなどからの紹介がほとんどなのです。このビジネスモデルにより、あなたも、顧客から新規のクライアントの紹介を受けられるようになります。そして、それがあなたの大きな財産となります。

・社 風
当法人のほとんどの業務がタイムチャージによる請求ではなく、定額の顧問報酬などです。したがって、クライアントへチャージする時間を気にしすぎる必要はありません。良くも(悪くも?)穏やかな社風です。育児休暇制度なども充実しているため、安心して長く働ける環境と言えます。
また、クライアントとの距離が近いのも特徴です。クライアントとフットサルの対抗戦を行ったり、定期的な懇親会を行ったりという関係です。

転職先としてのクリフィックス

大手税理士法人に勤務している方には、法人に残ってパートナーを目指す、外資系へ転職するなど、いくつもの選択肢がありますが、次のような方は、クリフィックスへの転職を選択肢として考えてみる価値があると思います。

・自分の可能性を試したい人
自分のキャリアを税務だけに絞ることに一抹の不安を感じている人もいます。また、税務に関しても、再編、事業承継、ベンチャー企業など、様々な分野にチャレンジしたいという人もいます。
クリフィックスでは、税務と会計に関わる様々な経験を積むことができます。クライアントのニーズは、たとえば、再編の税務と会計双方のアドバイスを的確にできるような人材にあります。クリフィックスならそうした能力を身につけることができます。そしてそれは、あなた自身の価値を高めるものでもあります。
さらに、当法人のパートナーやスタッフの中には、上場企業などの社外役員を兼務している者もいます。社外役員として行う判断には、税理士に求められるものとは別の能力も必要になりますが、そうした経験がさらにあなたの成長を高めていくものになります。

・安心して長く働きたい人
クリフィックスでは、スタッフの仕事量を決める際に、個人の考えを尊重しています。たとえば、「多少、ハードワークでも、若いうちにスキルアップしたい」という人、「結婚したばかりだから、しばらくは仕事量を抑えたい」という人、それぞれの考え、それぞれの事情を考慮したうえで、仕事の割り当てを行っています。
また、当法人は80名程度の組織ですので、育児休暇などに関しても、「全員一律のルールでしばる」ということをしていません。個人個人の事情を配慮したうえで、個別に扱いを決めることもあります。
こうした法人側の配慮に加え、スタッフ同士も、仕事が大変な時などは自然に助け合うという社風なので、スタッフの定着率は高い水準を維持しています。

キャリアパスのイメージ

・30歳男性  Big4でアシスタントマネージャーの人の場合
入社後1年目は、前職で得た税務の知識を活かしながら業務を進めるとともに、税効果会計や金融商品会計などの会計基準の実務を中心に習得し、2年目くらいにマネージャーに昇格します。
その後、事業再編、IPO支援、事業承継など、前職では経験しなかった業務でも、希望があれば担当することができます。そうした中で、税務と会計の知識をさらに深めるとともに、マネージャーとしての経験を積み重ねていき、入社後数年でパートナー昇格も視野に入ってきます。

・30歳女性  Big4でアシスタントマネージャーの人の場合
当法人へ入社して半年後に結婚し、2年目に出産した場合を想定してみます。
入社後、結婚して家事を優先したい場合には、仕事量は少なめに抑えることが可能です。また、出産の前後で1年強の産休を取得し、復職後の2年間は育児に時間を割きたい場合には、時短での勤務が可能です。
前職で得た税務の知識を活かしながら業務を進めるとともに、税効果会計や金融商品会計などの会計基準の実務を習得していき、マネージャーに昇格します。
育児が一段落した後も家庭優先のライフスタイルを希望する場合には、仕事量は控えめにすることが可能です。

このページのトップへ